彼氏が冷たいときの8つの理由と3つの対処法

彼氏が冷たいときの8つの理由と3つの対処法 彼氏を知る
記事を書いた人:中沢スグル
サイト運営者:中沢スグル

管理人の中沢スグルです
もともと人間関係が苦手だった僕にできた初めての彼女(現在の妻)
友達すら片手ほどしかいないのに、異性との正しい付き合い方なんてわからない……
案の定、思い通りにいかない彼女との日々
良いことも多いけど、ストレスも多い
そんな状況から抜け出すために、ひたすら恋愛に関する心理学や脳科学の本を読んで実践して、失敗や喧嘩も繰り返しながら少しずつ幸せと思える関係を築けるようになりました
ここでは、恋人のことで悩んでいる方のため、僕が勉強する中で知った男女の特徴をはじめ、付き合い方や対処法をご紹介するので、参考になれば幸いです

彼氏が冷たくて寂しい。
彼氏が冷たくてムカつく。

 

彼氏に大切にされていないと思うと、
どうしてもこのように思ってしまいますよね。

 

彼氏が冷たいと感じるのは、
「男性の特徴」や「男女のすれ違い」が関係しているからです。

 

そのため、男性の特徴を知り、すれ違いを解消するだけでも、
彼氏の言動を気にせず、前向きな付き合いや日常を送れるようになるはずです。

 

ここでは、彼氏が冷たいと感じるときの男性心理をはじめ、
不安や不満を感じたときの対処法などをご紹介します。

 

また、最後には心理学に当てはまらない彼氏の心理や対処法もご紹介するので、
参考にしてみてくださいね。

 

失敗しない【復縁】!
〜アドバイス通りにするだけで全ての復縁を幸せへ導く占い師〜

 

「復縁」でどうすれば良いかわからない方へ

すべての復縁が上手くいくための「本質」があります

 

復縁記事:的中ランキング第1位!何も言わなくても視える霊視とアドバイスですべての復縁を幸せへ導く占い師
(的中ランキングを調査したデータ原本はこちら

 

彼氏が冷たくなる8つの理由

 

彼氏が冷たいと感じるとき、
大きく分けて8つの理由があります。

 

ここでは男性心理や女性心理を交えながら理由をご紹介するので、
今まで見えていなかった彼氏や自分の一面に気づけるはずです。

 

彼女が思い通りにならないから

 

男性の中でも、とくに自己肯定感が低い男性は、
彼女をコントロールしようとして、
自己肯定感の低さを補う
傾向があります。

 

そのような彼氏は、彼女が言うことを聞いてくれるときは優しいですが、
彼女が少しでも反論することがあれば、
冷たく接したり、怒ったりすることで、
自分の言うことを聞かせようとします。

 

もし彼氏の提案や誘いをそのまま受け入れられなかったときに、
彼氏が冷たくなったときは、彼氏の自己肯定感の低さが原因と考えられます。

 

そのような彼氏と付き合っている方は、
こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

性格が重い彼氏の心理と付き合い方・別れ方

 

目的を達成したから

 

男性は目的を持って行動する傾向があります。

 

なぜなら、男性には競争本能があるので、
少しでも良い立場を求めて戦略的に考える
からです。

 

この特徴は、彼女との関係にも当てはまり、

  • 好きな女性と付き合う
  • 彼女とセックスをする
  • 彼女と安定した関係を手にする

という目的を持ったときにも、男性は戦略的に考えます。

 

その結果、目的を達成するまでは、
戦略的に彼女に優しくしたりマメに連絡したりしますが、
目的を達成すれば、それ以上はありません。

 

このような目的を達成したら変わってしまう彼氏に、
多くの女性が冷たいと感じてしまいます。

 

仕事や環境の変化で忙しい

 

男性は、仕事や環境の変化で忙しくなると、
彼女への対応がそっけなくなることがあります。

 

なぜなら、男性の脳は1度に複数のことを考えることが苦手だからです。

 

例えば、仕事が忙しいと、
仕事のことしか考えられず、
たとえ休憩中でも彼女に気を配る余裕がなくなってしまいます。

 

このように彼氏の仕事が忙しくなって連絡が減ると、
寂しくなる女性は多くいるので、
もし同じ状況の方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

彼氏が仕事で忙しいときの気持ちと付き合い方

 

自信がないから

 

彼氏からのスキンシップがなかったり、セックスレスになったりすると、
彼氏が冷たいと感じる方もいるはず。

 

このような男性は、セックスに自信がない可能性が考えられます。

 

なぜなら、男性は競争本能があるので、
自分の弱みを知られることやバカにされることを恐れます。

 

例えば、セックスに自信がない人は、
セックスを通して自分の弱さを知られたり、バカにされたりすることを恐れて、
彼女とのスキンシップから遠ざかります。

 

このように彼氏が自分に自信がないことで彼女と距離を作ってしまうと、
彼女は冷たく感じてしまうことがあります。

 

仲直り後に冷たいのは気持ちの切り替えが苦手だから

 

喧嘩の直後や仲直りしてからも彼氏が冷たいのは、
気持ちの切り替えができていない可能性があります。

 

なぜなら、男性は自分の気持ちを話すことが苦手だからです。

 

本来、自分の気持ちを話すことは、心のモヤモヤを整理できるので、
気持ちを切り替えるためには効果的な方法です。

 

多くの女性は、モヤモヤしたときに誰かに話して気持ちを整理できるので、
気持ちの切り替えが早くなります。

 

しかし、男性は自分の気持ちを話すことが苦手なので、
仲直りしても気持ちを切り替えることができず、
彼女に冷たくしてしまうことがあります。

 

このようなときは、時間が解決してくれることがほとんどです。

 

LINEが冷たいのは男性の特徴

 

彼氏のLINEが遅かったり、内容がそっけなかったりして、
冷たく感じることもあるはずです。

 

彼氏がこのようなLINEをするのは、
それが男性の特徴だからです。

 

多くの女性は、LINEで彼氏と何気ない会話をすることを求める傾向がありますが、
多くの男性は、LINEで彼女と何気ない会話することは求めていません。

 

この違いがあるので、彼氏のLINEが冷たく感じてしまうことがあります。

 

彼氏のLINEが冷たいと感じる方は、
コチラの記事も参考にしてみてくださいね。

彼氏とのLINE頻度で悩むときの対処法

 

彼女が考えすぎなことも

 

男性と女性では、脳の機能や世間から求められることなど、
多くの違いがあります。

 

そのため、前提となる考え方も変わってくる傾向があります。

 

例えば、多くの女性は、彼氏に愛されることが付き合う醍醐味と考える傾向がありますが、
それはあくまでも彼女の基準であり、彼氏の基準ではありません。

 

男性は、彼女と付き合っても自分の好きなように生きたいと考える傾向があります。

 

例えば、
彼女を大切にしたい人は愛情を注ぎますが、
友達や趣味を優先したい人は彼女は後回しにします。

 

もし彼氏が彼女以外のことを優先する場合、
彼女は愛されていないと考え、冷たいと感じてしまいます。

 

彼女が好きではなくなったから

 

彼氏が彼女を好きじゃなくなると、冷たくなります。

 

これは男女に限ったことではないので、
納得していただけると思います。

 

もし彼氏が彼女を好きじゃなくなって冷たくしているのなら、
後ほどご紹介する彼氏の気持ちを確かめる方法で判断できるはずです。

 

彼氏が冷たくなるタイミング

 

男性の心理や特徴から考えて、
彼氏が冷たくなるタイミングは、次の8つが考えられます。

 

  • 彼女が思い通りにならないとき
  • 付き合ったあと
  • セックスをしたあと
  • 彼氏が彼女との関係が安定したと思ったとき
  • 彼氏が忙しいとき
  • 彼氏のプライドを傷つけてしまったとき
  • 喧嘩のあと
  • 好きではなくなったとき

 

彼氏が冷たいと感じたときの3つの対処法

 

彼氏が冷たいと感じるときは、
不安や不満をコントロールすることがおすすめです。

 

なぜなら、感情をコントロールするということは、
我慢することでは無い
ので、
彼氏と一緒のときも、そうでないときも、心が軽い状態で過ごすことができるからです。

 

そこで、感情をコントロールする方法を2つと、
不安や不満がたまってしまったときに伝える方法をご紹介します。

 

自分で自分を認められうようになる

 

一番おすすめの方法は、
自分で自分を認められるようになることです。

 

一般的に言う、自己肯定感を上げるということです。

 

自己肯定感を上げれば、自分と彼氏との違いを受け入れられるようになるので、
彼氏の言動で悩むことが減り、日々を前向きな気持ちで過ごせるはずです。

 

自己肯定感を上げるためには、
自分に優しくなり、
ありのままの自分を褒めて、
辛いときは励ましてあげる
ことがおすすめです。

 

このように自己否定をやめ、
ありのままの自分を認められるようになると、
不安や不満を感じても、すぐに気にならなくなるはずです。

 

もし自分を認める具体例を知りたい方は、
こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

彼氏に「重い」と言われたときに関係を修復する方法

 

考え方を変える

 

心理学では、人の感情は出来事に対してどう考えかで決まる、と言われています。

 

例えば、彼氏がデートの予定を合わせてくれないときに、
「冷たい」と考える
、「不安」になったり、「イライラ」
したりしてしまいます。

 

しかし、同じ状況でも、「彼氏は自分の時間を大切にしている」と考えれば、
「私も自分の時間を大切にしよう」
など、不安や不満とは違う感情が出てくるはずです。

 

考え方を変えるときは、
「自分は自分、彼氏は彼氏」という考え方をすることもおすすめですし、
こちらの記事では考え方を変えるテクニックもご紹介しているので、
気になる方は参考にしてみてくださいね。

彼氏の愛を感じられるようになる2つの方法

 

不安や不満の伝え方

 

上記の対処法をやってみても、
どうしても彼氏に不安や不満を伝えるときは、
次のポイントを意識してみて下さい。

 

  • 最初に彼氏を認める
  • 目的をもって伝える
  • 不安・不満だけを伝えない
  • 直接伝える
  • 彼氏が疲れているときには話さない
  • 彼氏が嫌な態度をしたら2度と伝えない
  • 彼氏が変わらなくても受け入れる

 

これらのポイントは、男性心理を踏まえて、
彼氏に気持ちをわかってもらえるように伝えるために大切です。

 

各ポイントの詳細は、
こちらの記事で紹介しているので、
不安や不満を彼氏に伝える前には、確認してみてくださいね。

彼氏に不安を感じたときの伝え方と3ステップ対処法

 

冷たい彼氏に限界を感じたら

 

彼氏の言動が冷たく感じると、
彼氏に好かれているかわからず、不安になったりイライラしたりしますよね。

 

もし上記の対処法を試しても、
冷たい彼氏に我慢できなくなったら、
気持ちを確かめるか、別れを選ぶことも大切です。

 

ここでは、それらのポイントに加えて、
冷たい彼氏が好きか分からなくなる理由もご紹介します。

 

彼氏が冷たいと感じると好きか分からなくなる理由

 

彼氏の言動が冷たいと感じてから、
彼氏が好きか分からないと感じる方もいるのではないでしょうか。

 

その理由は、彼氏に不安を感じると、
体内で恋心を感じるためのホルモンが分泌されにくくなるからです。

 

例えば、彼氏にドキドキしているときはフェニルエチルアミン、
ときめいているときはドーパミンというホルモンが分泌されています。

 

しかし、これらのホルモンはネガティブな感情に敏感なので、
不安などを感じると分泌されにくくなり、
彼氏に惹かれること
なくなってきます。

 

そのため、彼氏に不安や不満を感じると、
好きか分からなくなってしまいます。

 

彼氏の気持ちを確かめるポイント

 

彼氏の言動が冷たくなると、
「好きじゃないとわかればキッパリ別れられるのに、
彼氏の気持ちがわからないからどうしようもできない」

と悩んでしまう方もいますよね。

 

それに、重いと思われたくないから、
彼氏に直接聞けない方もいるのではないでしょうか。

 

そのような女性のために、彼氏の気持ちを確かめるポイントをご紹介します。

 

  1. 結論だけでなく理由も伝える
  2. 彼氏のためを思っているという前提で伝える
  3. 自分の価値観で彼氏の言葉を判断しない
  4. 彼氏は本音をストレートに言えないこともある

 

1.結論だけでなく理由も伝える

 

男女で考え方が違うことをご紹介したように、
彼女の気持ちを正しく理解できる男性は多くありません。

 

そのため、彼女に「好きじゃないの?」と結論だけを言われても、
背景を理解できず、男性の中には自分が否定されたと思い怒りだす人もいます。

 

そのため、「好きじゃないの?」と聞くときは、次の例のように聞いてみます。

 

「最近、LINEの頻度が下がって、内容も短文になったから、
冷たく感じたてたんだけど、もう好きじゃなくなったのかな?」

 

このように理由と原因を合わせて彼氏に気持ちを聞くことで、
彼氏は彼女を重いと感じずに寄り添ってくれるはずです。

 

2.彼氏のためを思っているという前提で伝える

 

人は誰でも自分を大切にしてくれる人には、
優しくなれますよね。

 

彼氏の気持ちを確かめるときも、
彼氏のためを思っているという前提で伝えると、
彼氏は嫌な気持ちをしません。

 

そのため、気持ちを聞くときは、
自分のためだけでなく、彼氏の気持ちも考えることで、
お互いのためになる話し合いができるはずです。

 

自分の価値観で彼氏の言葉を判断しない

 

人はどうしても自分の価値観で相手を判断してしまうことがありますが、
それを変えない限り、現状を変えることはできません。

 

例えば、彼氏に気持ちを聞いて、「好きだよ」と言われても、
「いつも大切にしてくれないのに嘘だ」と自分の価値観で考えてしまえば、
いつまで経っても、自分で自分を苦しめることになります。

 

ただでさえ男女で考え方の前提が違うので、
彼氏の言葉はそのまま受け入れることが大切です。

 

彼氏は本音をストレートに言えないこともある

 

男性は自分の気持ちを話すことが苦手なので、
彼女を好きでも、恥ずかしくて「好き」と言えないことがあります。

 

例えば、彼女に「好き?」や「嫌いになった?」と聞かれると、
「好きじゃないければ付き合っていない」
「嫌いなら別れている」

など、現状を客観的に言ってしまう彼氏は多くいます。

 

こんな答えに悲しくなる彼女は多いですが、
このような答えは、「好き」とイコールです。

 

物足りないかもしれませんが、
そんな彼氏の気持ちを汲み取ってあげることで、
2人の関係は上手くいくはずです。

 

ちなみに、本当に好きじゃなかったり、別れたかったりする彼氏は、
「好きじゃない」「別れようと思っている」と正直に言います。

 

もしそう言われたら、別れを考えることも検討してみて下さいね。

 

別れを判断するポイント

 

彼氏の気持ちを聞いて、
彼氏に好かれていることがわかっても、
彼氏の言動に納得できず、別れを考える方もいるはずです。

 

そのときに、別れを考える基準としてみて頂きたいのが、
「彼氏を愛したいかどうか」
ということです。

 

女性の中には、
大切にしてくれると思えた人と付き合う方が多いように思います。

 

最初のキッカケはそれで良いのですが、
出会ったころのように、ずっと大切にしてくれる男性は多くありません。

 

そのため、愛されることを幸せの基準としていると、
幸せを彼氏に依存してしまう
ことになるので、
結果的に、大切にしてくれない彼氏に不安になるなど、
自分で自分を追い込むことになります。

 

だからこそ、自分で自分の幸せをコントロールするために、
「あなたが愛したい
付き合う人を選ぶことが大切です。

 

彼氏との別れを考えるときは、
「この人を愛したいか?」という基準を参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

 

彼氏を冷たく感じるとき、
そこには男性の特徴や男女のすれ違いが関係しているので、
彼氏の気持ちを知り、すれ違いを説くことで気持ちが楽になるはずです。

 

また、不安や不満を感じたときでも、
自分の感情をコントロールすることで、
自分の気持ちに我慢せず付き合い続けられるはずです。

 

もし彼氏に不安を伝えたり、彼氏の気持ちを聞いたりするときは、
彼氏の気持ちを考慮することで、
彼氏は彼女に嫌な思いを抱かないはずです。

 

彼氏の冷たさに我慢できなくなり別れを考えるときは、
「彼氏を愛したいか」という視点を取り入れて、
考えてみて下さいね。

 

参考

水島広子、女子の人間関係、サンクチュアリ出版、2014/4/10

アルバート・エリス、現実は厳しい。でも幸せにはなれる Kindle版、文響社、2018/8/31

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「男」がわかる心理学、西東社、2013/3/15

大嶋 信頼、すごい恋愛ホルモン 誰もが持っている脳内物質を100%使いこなす、青春出版社、2018/6/21

黒川 伊保子、女と男はすれ違う!: 共感重視の「女性脳」×評価したがる「男性脳」、ポプラ社、2020/9/9

濱田智崇 (編集), 『男』悩みのホットライン (編集)、男性は何をどう悩むのか:男性専用相談窓口から見る心理と支援、ミネルヴァ書房、2018/3/20

アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ、話を聞かない男、地図が読めない女、主婦の友社、2002/9/1

佐々木 圭一、伝え方が9割、ダイヤモンド社、2013/3/1

コメント

タイトルとURLをコピーしました