ドライな彼氏と上手く付き合っていく方法

ドライな 彼氏と 付き合う ときの マニュアル 彼氏を知る
記事を書いた人:中沢スグル
サイト運営者:中沢スグル

管理人の中沢スグルです
このブログでは、恋人のことで悩んでいる方のために、僕が勉強する中で知った一般的な男女の特徴をはじめ、失敗を繰り返してわかったノウハウなどをご紹介しています

これで釣った魚にエサをあげない彼氏も変わった……

  • 連絡しても無視される
  • 彼氏から連絡してくれない
  • 彼氏から会おうとしてくれない
  • 彼氏が言葉で気持ちを伝えてくれない
  • 理解できない彼氏の言動に振り回される
  • 喧嘩をすれば彼氏の機嫌が直るまで待つしかない...etc.

そんな彼氏と付き合う女性に対して、恋愛テクニックでは「自分を変えるしかない」という結論。
本当に、それで幸せなのか?
彼氏を信頼して関係を築いていけるのか?
本当に釣った魚にエサをあげない彼氏は変わらないのか?
そして見つけた答え。
どんな彼氏だって、正しい付き合い方がわかれば、安心して幸せな関係を築ける!
どうせ現状の彼氏を受け入れるしかないなら、できることを全てやってからでも遅くない!

釣った魚にエサをあげない彼氏も変わった!彼氏専用のトリセツで心が通じ合う幸せを築く!

 

「彼氏は私のことが本当に好きなの?」

 

ドライな彼氏と付き合っていると、
自信を持てず不安になることがありますよね。

 

しかし、心の持ち方を変えることができれば、
ドライに感じる彼氏とも、
我慢せずに付き合っていくことができます。

 

ここではドライな彼氏の特徴や心理をはじめ、
彼氏をドライに感じてしまう女性の特徴や、
上手く付き合うためのポイントなどをご紹介します。

 

また、最後には心理学に当てはまらないドライな彼氏と
付き合っていく方法もご紹介するので、
参考にしてみてくださいね。

 

失敗しない【復縁】!
〜アドバイス通りにするだけで全ての復縁を幸せへ導く占い師〜

 

「復縁」でどうすれば良いかわからない方へ

すべての復縁が上手くいくための「本質」があります

 

復縁記事:的中ランキング第1位!何も言わなくても視える霊視とアドバイスですべての復縁を幸せへ導く占い師
(的中ランキングを調査したデータ原本はこちら

 

ドライな彼氏の特徴

 

彼女にドライと思われる彼氏には、共通する特徴があります。

 

  • 自分の都合を優先させる
  • 1カ月会わなくても平気
  • 自分からは連絡しない
  • 気持ちをわかってくれない
  • 愛情表現をしない
  • 記念日などのイベントごとへの関心が低い

 

なぜドライな彼氏が次のような特徴を持つのかを、次にご紹介します。

 

ドライな彼氏の心理

 

男性の特徴と女性の特徴は、
本来は相容れないものであるため、
男性の特徴が強すぎると彼女は彼氏をドライに感じてしまいます。

 

ドライと言われる彼氏は、3つの男性の特徴が強く出ている傾向があるので、
それらの特徴がわかれば彼氏の気持ちがわかるはずです。

 

自立しているとき

 

  • 自分の都合を優先させる
  • 1カ月会わなくても平気
  • 自分からは連絡しない

 

このようなドライな彼氏の場合は、
協調よりも自立を重視しています。

 

なぜなら、女性が人間関係に興味を持つことに対して、
男性は自分の関心ごとに興味を持つ傾向があるからです。

 

そのため、彼氏と一緒の時間を大事にしたい彼女に対して、
彼氏は自分の関心ごとを優先させるので、
彼女と会わなかったり、連絡しなかったりしても寂しくなりません。

 

感情への反応が鈍い

 

  • 気持ちをわかってくれない
  • 愛情表現をしない
  • 記念日などのイベントごとへの関心が低い

 

このようなドライな彼氏は、
感情への反応が鈍いことが関係していると考えられます。

 

なぜなら、女性の脳は考えるときに感情を取り入れてますが、
男性の脳は、感情抜きの理屈で考えるからです。

 

男女にはこの違いがあるので、
感情的に満たされることで彼氏の愛を感じる彼女に対して、
彼氏は彼女の感情をくみ取ることができないので、
彼女は気持ちの大きさに違いを感じて彼氏をドライに感じてしまいます。

 

もし彼氏の愛情表現で悩んでいる方は、
こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

彼氏の愛情表現が少ないときに知りたい愛されているポイント13選

 

付き合ってから彼氏がドライになることはよくある

 

付き合ったはじめのころは積極的だったのに、
付き合う期間が長くなると、
ドライな彼氏の特徴が出る男性が多くいます。

 

それは、男性が理屈で考えるからです。

 

多くの男性は、好きな女性ができて付き合いたいときは、
付き合うためにどうすればよいかを理屈で考えて行動します。

 

そのため、付き合うまではマメに連絡したり愛情表現をしたりします。

 

しかし、彼女と付き合えてしまえば目的が達成になるので、
マメに連絡したり、愛情表現をしたりすることをしなくなります。

 

このような彼氏は、ドライになったときの彼氏が素の彼氏と言うことができます。

 

ドライな彼氏に悩む女性の特徴

 

ドライな彼氏に悩む彼女にも共通点があります。

 

そして、ここでご紹介する特徴があるからこそ、
彼氏をドライに感じてしまい、
不安や不満を感じてしまっているとも言えます。

 

そのため、ここでご紹介する特徴を知り、それを変えることができれば、
彼氏がドライでも不安や不満にうまく対処しながら付き合えるので、
彼女も自分の特徴を知っておいて損はありません。

 

自分の考えで彼氏の気持ちを決めつける

 

人は、相手も自分と同じ考えだと思ってしまうことがあり、
これを心理学では認知のゆがみと言います。

 

彼氏をドライと感じる女性は、
自分の基準で彼氏の行動を判断してしまう傾向があります。

 

例えば、愛情表現をしないだけで彼女を好きに思っている彼氏に対して、
「好き」と言わないのは「好きじゃないからだ」と決めつけてしまうので、
彼氏に不満を溜め込んでしまいます。

 

すぐに不安になる

 

自分で自分を認められないことを自己肯定感が低いと言います。

 

自己肯定感が低い人は、
恋人に認めてもらうことを強く求める傾向があるので、
彼氏の言動から愛されているかわからなくなると、
「もう好きじゃないのかも」と不安になってしまい、付き合うことが苦しくなります。

 

嫌われたくないから我慢する

 

自己肯定感が低い人は、
周りから認められることを求めるので、
その逆の否定されることをすごく恐れます。

 

そのため、嫌な事でも自分の気持ちを我慢して、
無理に彼氏に合わせようとしてしまうので、
ストレスが溜まり苦しくなります。

 

ドライな彼氏と良い関係を築くポイント

 

ドライな彼氏の心理と彼氏をドライに感じる女性の特徴を踏まえて、
ドライな彼氏と良い関係を築くポイントをご紹介します。

 

ここでご紹介する内容は、
彼氏を変えるのではなく、あくまでも彼女自身が変わるための方法になっています。

 

受け入れられない方もいるかもしれませんが、
彼氏を変えるよりも自分を変えるほうが圧倒的に楽で、
ストレスも少なく、簡単に出来るので試してみてくださいね。

 

考え方を変えてありのままの彼氏を受け入れる

 

心理学では、人の感情は出来事に対する考え方で決まる、と言われています。

 

例えば、自分から連絡やデートに誘ってこない彼氏に対して、
「私
付き合っている意味ってあるの?」と考えると、辛くなるはずです。

 

しかし、同じ状況でも、「これが彼氏なんだな」とありのまま受け入れれば、
彼氏にネガティブな感情を持たずに済みます。

 

このように彼氏の言動を「良い・悪い」で考えたり、
「私のことを思っていない」など自分と関連付けて考えたりすることをやめて、
ありのままの彼氏を受け入れれば、
あなたもストレスにならず、彼氏もストレスに感じないので、良い関係が築けるはずです。

 

自分で自分を認められるようになる

 

自己肯定感が低いと、どうしても彼氏に依存気味になってしまいます。

 

彼氏に依存していると、あなただけでなく彼氏も苦しくなってしまいます。

 

そこで、自己肯定感を上げるために、
普段からどんな自分もありのまま認めてあげると、
少しずつ精神的に自立できるようになります。

 

そのため、1日1回からでよいので、
頑張った自分を褒めたり、
失敗した自分を慰めたり、
元気が出ない自分を励ましたりしてみてください。

 

また、自分を否定することをやめることもセットで行うこともおすすめです。

 

もし彼氏に依存気味の方は、
こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

彼氏に「重い」と言われたときに関係を修復する方法

 

彼氏の良い面を見てあげる

 

人は相手にネガティブな感情を持つと、
どんどん相手の悪い面ばかり見えてしまいます。

 

しかし、相手の良い面に目を向ければ、
相手との違いをポジティブに考えることもできるようになります。

 

そのため、ネガティブな面を見ることをやめて、
彼氏に愛されていると感じる状況にのみフォーカスすれば、
彼氏の言動を大きな心で受け入れやすくなるはずです。

 

彼氏が歩み寄れないなら別れを関あげることも大切

 

カップルが長期的に良い関係を築くためには、
お互いの歩み寄りは欠かせません。

 

もし上記でご紹介した方法を試して彼氏に歩み寄っても、
彼氏からの歩み寄りを感じられないのであれば、
長期的に付き合っていても幸せになることは難しいです。

 

彼氏の歩み寄りを判断するときは、
あなたから彼氏の気持ちを尊重してしたときに、
彼氏が彼女の気持ちを尊重してくれるかで判断するのが1つの方法です。

 

また、彼氏が話し合いに応じてくれないときや、
会っているときも彼氏の優しさ
気遣いを感じない場合
は、
彼氏に歩み寄る意志がないと考えられるので
別れを判断するポイントになります。

 

彼氏がドライなときに他の男性に惹かれていまうときは注意が必要

 

彼氏が連絡をくれず、デートの頻度も少ないときは、
彼氏の愛を感じられず他の男性に気が移ってしまうことがあるかもしれません。

 

このような女性は、
自己肯定感が低いので、誰かから認められたり、
求められたりすることを強く求める傾向があります。

 

誰かに愛されたいと思う気持ちは悪いことではありませんが、
強すぎると相手への依存に変わるため、
新しい彼氏ができても長期的に良い関係を築くことが難しくなってしまいます。

 

そのため、他の男性に気が移りそうになったら、
まずは先ほどご紹介したように自分で自分を認められるようになり、
自己肯定感を高めることがおすすめです。

 

そして、自己肯定感が上がれば、
放置する彼氏に後悔せずスッキリ別れられるので、
新たな恋にも気持ちよく進めるはずです。

 

まとめ

 

自分を優先する彼氏や、感情への反応が鈍い彼氏は、
彼女にドライに思われる傾向があります。

 

そんな彼氏と良い関係を築くには、
ありのままの彼氏を認めたり、
彼女が自己肯定感を高めたりすることで、
お互いにストレスがない関係を築けるはずです。

 

ただし、もし彼氏からの歩み寄りがなかったり、
彼氏の愛を感じることがなかったりするときは、
お互いに歩み寄ることができないので、
別れを考える事も考えてみてくださいね。

 

参考

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「男」がわかる心理学、西東社、2013/3/15

アルバート・エリス、現実は厳しい。でも幸せにはなれる Kindle版、文響社、2018/8/31

アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ、話を聞かない男、地図が読めない女、主婦の友社、2002/9/1

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「女」がわかる心理学、西東社、2013/12/27

コメント

タイトルとURLをコピーしました