彼氏と話すことがないのは悪いこと?悪くありません

彼氏と話すことがないのは悪いこと?悪くありません 彼氏を知る
記事を書いた人:中沢スグル
サイト運営者:中沢スグル

管理人の中沢スグルです
このブログでは、恋人のことで悩んでいる方のために、僕が勉強する中で知った一般的な男女の特徴をはじめ、失敗を繰り返してわかったノウハウなどをご紹介しています

これで釣った魚にエサをあげない彼氏も変わった……

  • 連絡しても無視される
  • 彼氏から連絡してくれない
  • 彼氏から会おうとしてくれない
  • 彼氏が言葉で気持ちを伝えてくれない
  • 理解できない彼氏の言動に振り回される
  • 喧嘩をすれば彼氏の機嫌が直るまで待つしかない...etc.

そんな彼氏と付き合う女性に対して、恋愛テクニックでは「自分を変えるしかない」という結論。
本当に、それで幸せなのか?
彼氏を信頼して関係を築いていけるのか?
本当に釣った魚にエサをあげない彼氏は変わらないのか?
そして見つけた答え。
どんな彼氏だって、正しい付き合い方がわかれば、安心して幸せな関係を築ける!
どうせ現状の彼氏を受け入れるしかないなら、できることを全てやってからでも遅くない!

釣った魚にエサをあげない彼氏も変わった!彼氏専用のトリセツで心が通じ合う幸せを築く!

 

「彼氏と話すことがなくて相性が悪いかも」
「彼氏と話すことがないとつまらない」

 

彼氏との話すことがなくなると、
気持ちがネガティブになってしまいますよね。

 

彼氏と話すことがなくなることは、
多くのカップル経験しています。

 

話すことがなくて悩んだときは、
「会話がないことがあっても大丈夫なんだ」と考えるだけで、
気持ちが楽になります。

 

そこでこの記事では、彼氏と話すことがないときに、
現状を受け入れる方法やその他の対処法をご紹介します。

 

失敗しない【復縁】!
〜アドバイス通りにするだけで全ての復縁を幸せへ導く占い師〜

 

「復縁」でどうすれば良いかわからない方へ

すべての復縁が上手くいくための「本質」があります

 

復縁記事:的中ランキング第1位!何も言わなくても視える霊視とアドバイスですべての復縁を幸せへ導く占い師
(的中ランキングを調査したデータ原本はこちら

 

彼氏と話すことがないのは悪いことではない

 

女性は、男性よりも人とのつながりを求める傾向があるので、
会話を重視しています。

 

また女性の脳は、感情と他の機能とのつながりが良いので、
自分の気持ちをベースにして話す傾向があります。

 

その結果、彼氏と何気ない会話を楽しみながら、
お互いの気持ちが通じ合うことを望むので、
彼氏との会話に沈黙が生じると、ネガティブな気持ちになってしまいます。

 

しかし、男性の特徴や脳の機能は、女性とは真逆です。

 

人とのつながりよりも自分の自由を求め、
脳の感情領域は、他の機能から別れているので、
理屈で考える
傾向があります。

 

だからこそ、自分の気持ちを彼氏と共有したい彼女に対して、
自分の自由を優先するために理屈で考える彼氏とでは、
話すことがなくなるのは自然なことなのです。

 

彼氏と話すことがなくなる理由

 

先ほどご紹介した男女の特徴は、個人差はありますが、
男女で話すことがなくなることは自然なことだとご紹介しました。

 

ここでは、そのような男女の違いにより話すことがなくなる理由や、
その他の原因で話すことがなくなる理由をご紹介します。

 

彼氏が話し方を知らない

 

彼氏が彼女との話し方を知らないことで、
話すことがなくなることがあります。

 

なぜなら、男性脳は感情への反応がにぶいため理屈で考える傾向があるので、
彼女の話題に共感するなど、話を広げ
ることが苦手からです。

 

例えば、彼女が自分の気持ちについて話しているときは、
彼氏は彼女の話の目的がわからないので、
うまく対応することができません。

 

彼女からしたら共感してくれるだけで良いのに、
彼氏には共感する習慣がないので、話が広がらず、会話がなくなってしまいます。

 

このような場合は、現状を受け入れたり、
彼氏とお互いの話し方について理解を深めたりすることが大切です。

 

同じような日常の繰り返しで話題がない

 

毎日が同じような日々の繰り返しだと、
誰でも話題を探すことが難しくなる
はずです。

 

付き合いが長くなり彼氏のことを知りつくしてしまったり、
外出自粛などで新しい話題に触れる機会がなかったりすると、
話すことがなくなってしまいます。

 

このような場合は、現状をありのまま受け入れることがおすすめです。

 

彼女の自己肯定感が低い

 

彼女の自己肯定感が低いと、
彼氏と話すときに苦手意識を持ったり、話すことに緊張したりして、
何を話せばよいかわからなくなってしまうことがあります。

 

自己肯定感が低い女性は、
必要以上に彼氏に認められることを求めるので、
彼氏の機嫌を気にしたり、彼氏に好きと思ってもらおうとしたりしてしまいます。

 

しかし、そのようなままでは、
いつまで経っても幸せを彼氏に依存することになるので、
自分を認められるようになり、自己肯定感を高めることが大切です。

 

お互いに相手の話に興味が持てない

 

人は自分興味がある話にしか興味を持てません。

 

そのため、お互いに自分だけが好きな話をしていると、
話題が膨らまず話すことがなくなってしまいます。

 

このようなときは、話しの聞き方を変えたり、
お互いの話し方の理解を深めたりすことがおすすめです。

 

彼氏に話がつまらないと言われた

 

彼女の話を一方的につまらないと言う彼氏と付き合っている場合も、
何を話せば良いかわからなくなってしまい、
話すことがなくなってしまいます。

 

このように一方的に彼女を批判するような男性は、
モラハラ気質があるので、
長く付き合うことはおすすめできません。

 

もし頻繁に彼氏の言い方や態度が冷たく感じることがある方は、
こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

モラハラ彼氏の心理と別れられない彼女の心理、そして別れ方

 

彼氏と話すことがないと好きかわからなくなってしまう理由

 

彼氏と話すことがなくてつまらないと考えたり、
「何か話さないと」と無理をしたりすると、
彼氏が好きかわからなくなってしまう
ことがあります。

 

なぜなら、これらのネガティブな感情は、
彼氏に好意を感じるときに体内で分泌されるホルモンに影響を与えるからです。

 

例えば、彼氏にドキドキするときに感じるフェニルエチルアミン、
彼氏にトキメクときのドーパミン、
彼氏に愛情を感じるときのオキシトシン、
これらのホルモンは、ネガティブな感情により分泌されにくくなります。

 

そのため、彼氏にネガティブな感情を持つと、
さらに彼氏に好意を感じにくくなるので、
好きかわからなくなってしまいます。

 

【デート・電話・LINE・同棲共通】彼氏と話すことがないときの対処法

 

ホルモンの働きから、彼氏と話すことがなくなったときは、
無理に話そうとしたり、
沈黙をネガティブに考えたりしない方が良いことをご紹介しました。

 

そこで、ここでは彼氏と話すことがないときに、
デート・電話・LINE・同棲、全てに共通して使える
ネガティブにならない対処法をご紹介します。

 

彼氏と話すことがない現状をありのまま受け入れる

 

彼氏と話すことがないときは、
そのような状況をありのまま受け入れることがおすすめです。

 

なぜなら、彼氏と話すことがないことで、
「何か話さないといけない」と考えることは、
無理をすることになるからです。

 

無理をする状態は、誰だって長くは続きません。

 

しかし、「話すことがなくても良いんだ」と受け入れることができれば、
それだけで心が軽くなるので、
以降も彼氏と自然に付き合っていけるはずです。

 

自己開示をする

 

人は自分のことを伝える(自己開示をする)と、
伝えた相手に何でも話しやすくなる性質があります。

 
女性に話好きな人が多いのも、
会話中に自分の気持ちを話すことで
自己開示をしているからだと考えられます。

 

例えば、もし話すことが苦手な方は、
「話すことが苦手なんだ」と伝えてみてください。

 

このように、まずは自分のことを相手に話すことで、
緊張せずに話せるようにな
はずす。

 

男女のすれ違いを解消する話題を振る

 

話題がなくても彼氏と話したいときや、
彼氏に「何か話してほしい」と言われたときなど、
話題に困ったときにおすすめなのが、男女の違いについて話すことです。

 

なぜなら、話すことがない場合だけでなく、
カップルの関係が上手くいかない多くの状況に男女の違いが関係しているからです。

 

そのため、話題がなくなったときに、
お互いの違いについて知ることができれば、
話題ができるだけでなく、相手への理解が深まります。

 

男女の違いについては、当サイト内の至る所でご紹介しているので、
参考にしてみてくださいね。

 

実際に話題を振るときは、次のポイントを押さえると、
お互いに理解が深まるはずです。

 

  1. 一般的な男女の違いを伝える
  2. 彼女自身の意見を伝える
  3. 彼氏の意見を聞く

 

<例:男女の会話の違いについて聞くとき>

 

ねぇ、知ってる?
男性は理屈ベースで話して、女性は感情ベースで話す傾向があるから、
男性は話に結論を求めて、女性は話に共感を求めるんだって!(一般的な男女の違い)
私も話す時は感情ベースだから、○○君(彼氏)に共感してもらえるだけで嬉しいんだよ。(彼女自身の意見を伝える)
○○君も、こんな傾向あるの?(彼氏の意見を聞く)

 

彼氏の答え次第では、相容れないことがあるかもしれませんが、
そんなとき程、歩み寄ることができれば、
今後の彼氏との関係はより強固なものになるはずです。

 

もちろん無理に受け入れようとする必要はありませんが、
そんなときも彼氏の価値観を否定しないように気を付けてくださいね。

 

沈黙が怖いとき

 

自己肯定感が低い方は、
彼氏との沈黙を恐れることがありますよね

 

そこで、沈黙を受け入れられるようになるために役立つ情報をご紹介します。

 

彼氏は沈黙を気にしないことが多い

 

最初にご紹介したように、
男性は彼女とのつながりよりも自分の自由を優先する傾向があります。

 

そのため、会話に対する重要性は、
彼女よりも低いので、沈黙が嫌ではない彼氏は
多くいます。

 

もし沈黙が怖い方は、1人で考え込むくらいなら、
彼氏に沈黙状態が嫌かどうか聞いてみることもおすすめです。

 

考え方を変える

 

心理学では、人の感情出来事に対する考え方で変わる、と言われています。

 

沈黙が怖い方は、
「沈黙していることで彼氏に嫌われる」と考えるから、「怖い」と思ってしまいます。

 

しかし、沈黙に対して、
「沈黙があるのは普通」と考えれば、冷静でいられるはずです。

 

そのため、彼氏と話すことがなく不安になったときは、
現状への考え方を変えることがおすすめです。

 

自分で自分を認められるようになる

 

彼氏との沈黙が怖く感じるのは、
彼氏に嫌われる不安があるからです。

 

彼氏に嫌われる不安がある方は、
自分で自分を認められないため、
彼氏に依存する傾向があります。

 

だからこそ、自分で自分を認められるようになれば、
沈黙時でも彼氏に嫌われる恐怖を感じずに済みます。

 

自分を認められるようになるためは、
普段からありのままの自分を受け入れてあげることが大切です。

 

自分を受け入れるための具体的な例が気になる方は、
こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

彼氏に「重い」と言われたときに関係を修復する方法

 

彼氏の話に興味が持てないとき

 

彼氏の話にどうしても興味が持てないときは、
AH(アティテューディナル ヒーリンング)の聴き方がおすすめです。

 

この聞き方は、彼氏の話を聞くときに、次の3つのことを意識するだけ。

 

  1. 無条件に彼氏を肯定する
  2. いま話してくれている目の前の彼氏の「存在」に集中する
  3. 自分の思考(雑念)が浮かんだら頭の中で脇(わき)に置く

 

簡単に言うなら、
「彼氏の話を聞くときは、何も考えずに聞き、彼氏の全てを受け入れる」
ということ。

 

詳しく知りたいたい方は、
以前に愚痴を聞くことが疲れた方に向けて書いた記事の中で
詳細をご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

 

彼女の話を聞くのが疲れたなら、彼女とあなたを「同時に癒す聴き方」を!

 

まとめ

 

彼氏と話すことがなくなることは、
男女の違いから考えれば自然なことです。

 

話すことがないことに対してネガティブな感情を持つと、
彼氏を好きかわからなくなってしまうことがあります。

 

もし彼氏と話すことがなくても、
現状をありのまま受け入れることができれば、
無理せず彼氏との関係を続けられるはずです。

 

参考

細川 貂々 (著)、水島 広子 (著)、やっぱり、それでいい。: 人の話を聞くストレスが自分の癒しに変わる方法、創元社、2018/11/8

メンタリスト DaiGo、男女脳戦略。――男にはデータを、女にはイメージを売れ、ダイヤモンド社、2014/10/18

アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ、話を聞かない男、地図が読めない女、主婦の友社、2002/9/1

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「男」がわかる心理学、西東社、2013/3/15

大嶋 信頼、すごい恋愛ホルモン 誰もが持っている脳内物質を100%使いこなす、青春出版社、2018/6/21

アルバート・エリス、現実は厳しい。でも幸せにはなれる Kindle版、文響社、2018/8/31

コメント

タイトルとURLをコピーしました