彼氏を癒すために彼女ができること

彼氏を癒すために彼女ができること 彼氏を知る
記事を書いた人:中沢スグル
サイト運営者:中沢スグル

管理人の中沢スグルです
このブログでは、恋人のことで悩んでいる方のために、僕が勉強する中で知った一般的な男女の特徴をはじめ、失敗を繰り返してわかったノウハウなどをご紹介しています

これで釣った魚にエサをあげない彼氏も変わった……

  • 連絡しても無視される
  • 彼氏から連絡してくれない
  • 彼氏から会おうとしてくれない
  • 彼氏が言葉で気持ちを伝えてくれない
  • 理解できない彼氏の言動に振り回される
  • 喧嘩をすれば彼氏の機嫌が直るまで待つしかない...etc.

そんな彼氏と付き合う女性に対して、恋愛テクニックでは「自分を変えるしかない」という結論。
本当に、それで幸せなのか?
彼氏を信頼して関係を築いていけるのか?
本当に釣った魚にエサをあげない彼氏は変わらないのか?
そして見つけた答え。
どんな彼氏だって、正しい付き合い方がわかれば、安心して幸せな関係を築ける!
どうせ現状の彼氏を受け入れるしかないなら、できることを全てやってからでも遅くない!

釣った魚にエサをあげない彼氏も変わった!彼氏専用のトリセツで心が通じ合う幸せを築く!

 

  • 彼氏を癒してあげたい
  • 彼氏に「癒して」と言われたけど、どうすればよいかわからない

 

彼氏を癒してあげようと思っても、
いざとなると何をすれば良いか悩んでしまいますよね。

 

彼氏を癒すときは、女性とは違った癒し方が必要になることがほとんどです。

 

そこでこの記事では、癒しを求める彼氏の心理をはじめ、
彼氏を癒す方法をご紹介します。

 

失敗しない【復縁】!
〜アドバイス通りにするだけで全ての復縁を幸せへ導く占い師〜

 

「復縁」でどうすれば良いかわからない方へ

すべての復縁が上手くいくための「本質」があります

 

復縁記事:的中ランキング第1位!何も言わなくても視える霊視とアドバイスですべての復縁を幸せへ導く占い師
(的中ランキングを調査したデータ原本はこちら

 

癒しは男女で同じではない

 

男性でも女性でも、疲れているときは何かに癒されたいと思うものです。

 

しかし、男性と女性では、
体の仕組みが違うので、
癒すときのポイントが違う場合があります。

 

そこで、まずは癒すためのポイントを男性と女性で対比させながらご紹介します。

 

疲れているときは一人になりたい男性

 

多くの女性は、仕事が終わり疲れたら、
誰かに話を聞いてもらったり、
彼氏にハグなどのスキンシップをしてもらったりすることで癒されるはずです。

 

このような行為で女性は、
オキシトシンやエストロゲンと言ったホルモンが増えることで、
ストレスを軽減しています。

 

しかし、男性が疲れているときは、
1人の時間を作ることで気持ちが楽になります。

 

男性は1人の時間を作ると、
テストステロンという男性ホルモンが増えることで、
ストレスホルモンを減らすことができます。

 

そのため、仕事などで疲れている彼氏を癒すときは、
彼氏が1人になれる時間を作ってあげることが癒しになります。

 

愚痴を言わない男性

 

1日の愚痴を話すことが癒しになる女性は、
男性も愚痴を話すことが癒しになると考えます。

 

確かに、気持ちを話すことで心のモヤモヤが晴れれば癒しになりますが、
男性の中には愚痴を言うことに抵抗を感じる方も多くいます。

 

なぜなら、男性のは競争本能があり、
愚痴を言うことは自分の弱さを見せることになるからです。

 

女性の中には、彼氏が愚痴を言ってくれなかったり、
弱音を吐いてくれなかったりすることで、
「私は頼られていない」と落ち込んでしまう方がいますが、
このような彼氏は頼っていない訳ではないので安心してくださいね。

 

「癒して」と言う彼氏の心理

 

男性は、本来は理屈で考える傾向があるため、
あまり自分の感情を話すことをしません。

 

しかし、仕事が大変で疲れたときには、
彼女に「癒してほしい」と言う人がいます。

 

これは、仕事をすると男性ホルモン(テストステロン)が減り、
女性ホルモン(エストロゲン)が増えるので、
女性のように感情表現をするようになるからです。

 

つまり、彼氏が「癒してほしい」と言うときは、
男性ホルモンを増やすことがストレス解消になるので、
彼氏への癒しにつながります。

 

彼氏を電話やLINEで癒す方法

 

彼氏を癒すときは、テストステロンをあげることが大切なことをご紹介しました。

 

ここでは、彼氏を癒してあげたいけど遠距離だからすぐに会えない場合や、
電話越しで「癒して」と言われた場合など、
会うことができないときの癒し方をご紹介します。

 

感謝を伝える

 

ヒーローは、誰かのためになることをして感謝されますよね。

 

そんなヒーローに象徴されるように、
男性は、自分は誰かの役に立っていると思えると、
テストステロンを回復できます。

 

そのため彼女は、彼氏がLINEや電話をしてくれること、
いつも大切にしてくれることなどを感謝して、
「ありがとう」と伝えることが彼氏の癒しになります。

 

褒める

 

競争本能がある男性にとっては、
賞賛されることは自分の有能さを認識できるので、
テストステロンが回復して、また頑張ろうと思えます。

 

例えば、いつも仕事を頑張っていることや、
彼氏の趣味や力を入れていることなど、
彼氏を褒めてあげることも癒しになります。

 

肯定する

 

男性は、出来事を問題と捉えて解決しようとする問題解決型の考え方をするため、
自分の考えを肯定されることで、
テストステロンが回復して元気が出ます。

 

例えば、仕事で上手くいかなかった話を聞いたときに、
「私は○○君(彼氏の名前)の考えは良いと思ったよ」など、
彼氏の考えを肯定してあげることが癒しになります。

 

忙しいときは電話をしない

 

最初にご紹介したように、
男性は疲れているときは一人の時間をリラックスして過ごすことで、
テストステロンが回復します。

 

もし彼氏の仕事が忙しくて帰りが遅いときは、
電話の頻度を毎日から2日に1回にするなど、
頻度を下げれば彼氏の1人時間が増えて癒しになります。

 

もし彼氏の仕事が忙しい方は、
こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

彼氏が仕事で忙しいときの気持ちと付き合い方

 

デートで彼氏を癒す方法

 

彼氏に「次に会うときに癒して」と言われたときや、
いつも大切にしてくれている彼氏をデートで癒したいと思うときなど、
彼氏と直接会っているときに癒す方法を最後にご紹介します。

 

軽いスキンシップ

 

スキンシップは、オキシトシンという愛情を感じるホルモンを増やすため、
癒すときに効果的です。

 

しかし、オキシトシンは男性ホルモン(テストステロン)を減らしてしまうため、
長時間のスキンシップは、彼氏の癒しになりません。

 

例えば、彼氏と1日デートをするときは、
会って直ぐのときは彼氏の男性ホルモンが十分にあるので、
スキンシップが彼氏の癒しになります。

 

しかし、午後になるころには、
男性ホルモンが減ってきているので、
スキンシップは控えることがおすすめです。

 

彼氏の状況を見ながら、
彼氏が疲れているときはスキンシップを減らすことを意識してみてくださいね。

 

彼氏の意思や判断を優先する

 

男性は、自分の意思で行動したいため、
彼女が素直についてきてくれると、
テストステロンの回復に繋がります。

 

例えば、デート中に彼氏が提案したときは、
彼女は無理のない範囲で素直に提案を受け入れることが、
彼氏の癒しになります。

 

まとめ

 

男性と女性は、癒しに求めることが違う場合が多々あります。

 

男性は、疲れたときは一人の時間をリラックスして過ごすことが癒しになります。

 

「癒してほしい」と彼女に言う男性は、
男性ホルモンが少なくなりすぎて、
感情が優位な状態になってしまっています。

 

彼氏を癒したいと思ったときは、
彼氏が1人の時間をゆっくり過ごせるようにしたり、
会話で彼氏を肯定したりすることが男性ホルモンの回復につながるので、
結果的に彼氏の癒しになります。

 

参考

ジョン・グレイ、一人になりたい男、話を聞いてほしい女、ダイヤモンド社、2018/8/30

大嶋 信頼、すごい恋愛ホルモン 誰もが持っている脳内物質を100%使いこなす、青春出版社、2018/6/21

黒川 伊保子、女と男はすれ違う!: 共感重視の「女性脳」×評価したがる「男性脳」、ポプラ社、2020/9/9

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「男」がわかる心理学、西東社、2013/3/15

コメント

タイトルとURLをコピーしました