彼氏に冷められたかも…は彼女の勘違い?本気で彼氏が冷める4つの状況

彼氏に冷められたかも…は彼女の勘違い?本気で彼氏が冷める4つの状況 彼氏を知る
記事を書いた人:中沢スグル
サイト運営者:中沢スグル

管理人の中沢スグルです
このブログでは、恋人のことで悩んでいる方のために、僕が勉強する中で知った一般的な男女の特徴をはじめ、失敗を繰り返してわかったノウハウなどをご紹介しています

これで釣った魚にエサをあげない彼氏も変わった……

  • 連絡しても無視される
  • 彼氏から連絡してくれない
  • 彼氏から会おうとしてくれない
  • 彼氏が言葉で気持ちを伝えてくれない
  • 理解できない彼氏の言動に振り回される
  • 喧嘩をすれば彼氏の機嫌が直るまで待つしかない...etc.

そんな彼氏と付き合う女性に対して、恋愛テクニックでは「自分を変えるしかない」という結論。
本当に、それで幸せなのか?
彼氏を信頼して関係を築いていけるのか?
本当に釣った魚にエサをあげない彼氏は変わらないのか?
そして見つけた答え。
どんな彼氏だって、正しい付き合い方がわかれば、安心して幸せな関係を築ける!
どうせ現状の彼氏を受け入れるしかないなら、できることを全てやってからでも遅くない!

釣った魚にエサをあげない彼氏も変わった!彼氏専用のトリセツで心が通じ合う幸せを築く!

 

彼氏の行動が急に変わると、
冷められたのかも?と不安になりますよね。

 

彼氏が彼女に冷めて行動が変わることもあれば、
彼女に冷めていなくても行動が変わることもあります。

 

ここでは、彼氏が彼女に冷める理由やタイミングをはじめ、
彼女が冷められたのかも?と勘違いしやすい彼氏の行動、
そして彼氏に気持ちを聞くときのポイントをご紹介します。

 

また、最後には心理学に当てはまらない彼氏の
心理や対処法もご紹介するので、
参考にしてみてくださいね。

 

失敗しない【復縁】!
〜アドバイス通りにするだけで全ての復縁を幸せへ導く占い師〜

 

「復縁」でどうすれば良いかわからない方へ

すべての復縁が上手くいくための「本質」があります

 

復縁記事:的中ランキング第1位!何も言わなくても視える霊視とアドバイスですべての復縁を幸せへ導く占い師
(的中ランキングを調査したデータ原本はこちら

 

彼氏が彼女に冷める理由

 

彼氏が彼女に冷めるタイミングには、共通点があります。

 

その共通点が、彼氏が彼女との関係を制御できないと感じるときです。

 

なぜなら、男性は脳の機能により物事を理屈で考える傾向があり、
理屈で考えても解決できないことにストレスを感じるからです。

 

その結果、ストレスが溜まると彼女に冷めてしまいます。

 

この観点から、彼氏が彼女に冷める状況を次にご紹介します。

 

彼氏が彼女に冷める4つのタイミング

 

彼氏が自分では制御できない彼女の行動にストレスを感じるときが
冷める理由ということをご紹介しました。

 

その点を踏まえて、
具体的にどんな状況に彼氏がストレスを感じるかを4つご紹介します。

 

彼氏を試すようなことをするとき

 

彼氏と付き合っていても不安になるときに、
女性の中には彼氏の愛を試すようなことをしてしまう方がいます。

 

例えば、彼氏に他の男とご飯に行くと嘘をついて、
彼氏の気を引こうとする行為です。

 

このように相手の愛を試す行為は、
男性でも女性でも、されて嫌な思いをする人がほとんどです。

 

特に男性は、このような彼女の試す心理を理屈で考えても理解できないため、
どうしようもなくなってしまいストレスに
なるので、
彼女に冷めてしまいます。

 

喧嘩の繰り返し

 

多くのカップルが喧嘩を繰り返します。

 

喧嘩自体は悪いことではありませんが、
同じような喧嘩の繰り返しだと、
それが一生続くと考えるだけでストレスになります。

 

特に男性は、なんでも問題と捉えて解決しようとするので、
解決できなことがストレスになります。

 

そのため、同じような喧嘩を繰り返していると、
彼女に冷めてしまいます。

 

彼氏を疑って不安になり感情的な対応をするとき

 

相手の気持ちを察することは、
女性同士のコミュニティでは必須ですよね。

 

それと同じように彼氏の気持ちを察しようとする彼女は、
彼氏の気持ちを確認していないのに不安になってしまい、
彼氏と距離を置いたり、彼氏に冷たく接したりしてしまうことがあります。

 

このとき、彼女が察する彼氏の気持ちは基本的に間違っています。

 

理由は、男女では基本的な考え方が異なるからです。

 

そして、彼女が彼氏に気持ちをわからないように、
彼氏も彼女の気持ちがわからないからこそ、
彼氏は彼女が距離を置いたり、冷たくしたりする意味がわかりません。

 

そのため、彼氏は理解できない彼女にストレスが溜まり、
冷めてしまいます。

 

一緒にいても楽しくないとき

 

付き合ってみたけど、趣味や価値感の違いなどで、
一緒にいても楽しいと思えないときも、
彼氏はどうしようもできないと感じると、
彼女に冷めてしまうことがあります。

 

この場合で彼氏に冷められたときは、
彼氏の気持ちを取り戻すよりも、
気持ちを切り替えて、新たな恋へ進んだ方がお互いのためになるはずです。

 

彼氏に冷められたサイン

 

次に、本当に彼氏が本当に冷めているサインを1つご紹介します。

 

それは、仕事が忙しくなく喧嘩もしていないのに、
喧嘩をしたときのような冷たい接し方をするときです。

 

なぜなら、男性は本能的に協調よりも自分を優先するので、
冷めた相手との関係を良好に保とうとはしないからです。

 

冷めたら喧嘩をしたときにように常に冷たく接するので、
もし彼氏が忙しくないときに冷たい言動をしていたら冷められたとサインとなります。

 

彼氏に冷められたときの対処法

 

彼氏が冷めるのは、
彼女との関係をどうしようもできないと思ったときです。

 

つまり、現状の問題を解決できれば、
また彼氏の気持ちを取り戻すことができる場合もあります。

 

そのための手順を3ステップでご紹介します。

 

ステップ1:彼氏が冷めた原因を知る

 

彼氏が冷めた原因を解決することが、
関係の修復に繋がる
ので、
まずは彼氏に冷めた原因を教えてもらうことが最初のステップです。

 

ステップ2:お互いの認識の違いを理解する

 

原因がわかったら、
原因に対するお互いの認識の違いを理解することを彼氏に提案します。

 

カップルがお互いのことを理解できないのは、
男女の違いを知らないことがほとんどです。

 

そのため、当サイトや恋愛本などをヒントにして、
彼氏が冷めた原因に対して、
お互いの認識にズレがあることを理解します。

 

 

ステップ3:お互いに歩み寄る

 

認識のズレが理解できたら、
あとは歩み寄るだけです。

 

彼氏が冷めた原因に対して、
お互いに歩み寄れる妥協ポイントが必ずあるはずです。

 

このときも当サイトの該当記事や先ほどの恋愛本を参考にすることで、
どちらかが我慢するのではなく、
お互いに相手に寄り添うことができるはずです。

 

ただし、このときにあなたが一方的に我慢することになれば、
彼氏と付き合い続けても、幸せを感じることは難しくなってしまいます。

 

そのため、歩み寄るというポイントを大事にしてくださいね。

 

彼氏の積極性やLINE、会う頻度が減る理由

 

彼氏と付き合ってから、
積極性がなくなったり、LINEや電話、会う頻度などが減ったりすると、
「彼氏に冷められたのかも?」と不安になる方が多くいます。

 

しかし、このような彼氏の行動は、
冷めたからではなく、他の理由があります。

 

目的思考

 

男性には目的を持って行動する特徴があるので、
付き合ってから彼氏の言動が変わることがよくあります。

 

なぜなら、男性の脳は感情を感じる領域と、その他の領域がわかれているので、
考えるときは理屈だけで考えます。

 

女性のように、感情が思考に影響することは、あまりありません。

 

そのため、男性は好きな女性と付き合いたいときは、
好きな女性と付き合うという目的を達成するために、
どうすれば良いか理屈で考え、優しくしたり、マメに連絡したりします。

 

そして、好きな女性と付き合うという目的を達成したら、
優しくしたり、マメに連絡したりする必要がないと考えるので、
彼氏の行動が変わります。

 

彼氏が目的を達成して行動が変わる瞬間としては、
付き合ったときやセックスをしたとき、
他にも同棲したときや彼女と一緒にいることが落ち着いたときなどがあります。

 

つまり、これらのタイミングで彼氏の積極性、連絡やデートの頻度が減るのは、
彼女に冷めたからではありません。

 

仕事が忙しい

 

多くの女性が、「彼氏は冷めかも?」と感じるのが、
彼氏の仕事が忙しくなったときです。

 

しかし、仕事が忙しくなったことで、
彼氏の連絡や言動などが減ったときも、
彼女に冷めた訳ではありません。

 

なぜなら、男性は1度に1つのことしか考えられないからです。

 

女性が家事を同時進行するような器用なことは、
男性には出来ません。

 

そのため、仕事が忙しくなると、
仕事のことで頭がいっぱいいっぱいになり、
彼女のことを考えられなくなってしまいます。

 

彼氏の仕事が忙しくて対応がそっけなく感じても、
冷めている訳ではありません。

 

もし忙しい彼氏と付き合っている方は、
こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

彼氏が仕事で忙しいときの気持ちと付き合い方

 

彼女が「彼氏に冷められた」と感じてしまう2つの心理

 

彼氏の連絡や愛情表現が減ることで彼氏に冷められたと感じる女性は多くいます。

 

しかし、このような場合でも、
彼氏が冷めていないことがほとんどです。

 

では、なぜ多くの彼女が「冷められたかも?」と感じるのか、
その理由を2つの心理の観点からご紹介します。

 

認知のゆがみ

 

女性は基本的に、自分に関心があるので、
自分を基準に物事を考える傾向があります。

 

例えば、彼氏が仕事が忙しくなって彼女への連絡が減ったときは、
原因が仕事にもかかわらず、
多くの女性は自分に関連づけて「私に冷めたのかも」と考えてしまいます。

 

このように自分の価値観で物事を判断すると、
現実や相手の気持ちとは違ってしまう
ことがあり、
これを心理学では、「認知のゆがみ」と言います。

 

この認知のゆがみにより、
女性が自分に関連付けて彼氏の言動を考えてしまうことが、
「彼氏に冷められた」と勘違いしてしまう理由の1つです。

 

認知的不協和の解消

 

「彼氏に冷められたかも?」と感じると、
彼女の気持ちの中に、認識のズレが生じます。

 

本来の彼女の考えは、「私は彼氏に愛されている」なのに、
認知のゆがみによって「彼氏が冷めた」という現実に直面してしまいます。

 

このように「自分の信念」と「現実」が異なり不快な気持ちになることを「認知的不協和」と言い、
人は認知的不協和を感じると解消しようとします。

 

彼氏に愛されていると思っている人が、
彼氏が冷めたという現実にぶつかったときは、
彼氏に冷められたという考えを受け入れて、私は彼氏に愛されていないと考えれば、
認知的不協和は解消されます。

 

つまり、先ほどご紹介した認知のゆがみにより「彼氏に冷められた」と感じ、
認知的不協和の解消により「彼氏に愛されていない」と考えてしまうことが、
彼氏の気持ちを正しく受け取れない原因です。

 

付き合ってから彼氏の気持ちが薄まる理由

 

彼氏の行動から「冷められた」と考える彼女の中には、
彼氏に気持ちを聞いてみた方もいるのではないでしょうか。

 

そのときに、「最初に比べたら冷めたかも」というような彼氏の気持ちを聞いて、
完全に冷められてしまったと思っているかもしれませんが、
このような彼氏の言葉は、彼女に冷めたことを意味しません。

 

なぜなら、彼女への気持ちが最初より弱くなるのは、
恋心を感じるホルモンの働きによるものだからです。

 

例えば、多くの男性が彼女と付き合う前に、
「〇〇ちゃんと付き合えたらいいな~」と妄想をしているときは、
脳内でドーパミンというホルモンが分泌されるので強い恋心を感じます。

 

しかし、彼女と付き合えたら、
そのような妄想をする機会が減るので、
ドーパミンが分泌される機会も減ります。

 

その結果、最初の頃に比べて恋心を強く感じないので、
気持ちが弱くなったと感じます。

 

つまり、彼氏は好きな人と付き合えたことで妄想することが減り、
恋心を感じる機会が減っただけ
であり、
彼女への愛が冷めている訳ではないので安心してくださいね。

 

「彼氏に冷められたかも」と感じるときに彼氏の気持ちを確認するポイント

 

「彼氏に冷められたかも」と感じているけれど、
彼氏に気持ちを聞けない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、最後に彼氏に気持ちを聞くときのポイントをご紹介します。

 

彼氏の気持ちに余裕があるときに聞く

 

彼氏に心の余裕があるときに聞くのがベストなタイミングです。

 

男性は1度に1つのことしかできないので、
大変なときに
彼女に聞いても、
雑な返事になってしまうことがあります。

 

そのため、休日に家デートをしているときなど、
お互いに落ち着いて話せるときを選んで聞いてみてくださいね。

 

自分の考えは原因とセットで伝える

 

彼氏に「冷めたの?」と直球で聞いてしまいたくなるかもしれませんが、
できるだけそう思った原因も伝えてあげてください。

 

なぜなら男性と女性では、脳や体の機能などが違うので、
彼女にとっての当たり前が、彼氏にとっての当たり前ではないからです。

 

例えば、最近デートに誘ってくれないことで冷められたと感じるときは、
次のように聞いてみて下さい。

 

最近、前みたいにデートに誘ってくれなくなったから、
私のことを冷めたのかなって感じてたんだけど、
どうしてデートに誘ってくれる頻度が減ったのか教えてくれる?

 

このように聞けば、彼氏も負担にならず答えられるはずです。

 

彼氏を責める言い方はしない

 

男性は、競争本能があるので、
責められると相手に敵対意識を持つので攻撃的になります。

 

そのため、彼氏と話をするときは、
彼氏を責めるのではなく、
あくまでも事実や彼氏の気持ちを確認するという意識を持ってみて下さいね。

 

間違っても、「もう冷めたんでしょ!?」と決めつけるような言い方は
しないように気を付けてくださいね。

 

彼氏の気持ちは素直に受け取る

 

女性は察することが得意な反面、
認知のゆがみが起きやすいことをご紹介しました。

 

そのため、彼氏に「好きだよ」「冷めていないよ」と言われても、
彼氏の言葉を信じられない方もいます。

 

しかし、男性と女性では行動の前提になる考え方が違うので、
彼女から見れば冷めたように
思えても
彼氏が「冷めていない」と言うのなら、冷めていません。

 

そのため、彼氏の言葉はそのまま受け取ることを心がけてみてくださいね。

 

まとめ

 

彼氏の行動の変化から、
「彼氏に冷められたかも?」と考える女性は多くいます。

 

しかし、彼氏の本音とは違うことが多々あるので、
自分で判断する前に、彼氏に気持ちを聞くことがおすすめです。

 

彼氏に気持ちを聞くときも、
彼氏の心に余裕があるときに、
彼氏を責めずに聞くことで、事実がわかるはずです。

 

もし彼氏が本当に冷めているときは、
原因とお互いの認識の違いを解消することで、
関係を修復することもできるはずです。

参考

大嶋 信頼、すごい恋愛ホルモン 誰もが持っている脳内物質を100%使いこなす、青春出版社、2018/6/21

アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ、話を聞かない男、地図が読めない女、主婦の友社、2002/9/1

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「男」がわかる心理学、西東社、2013/3/15

齊藤勇、面白いほどよくわかる! 「女」がわかる心理学、西東社、2013/12/27

谷本 理恵子、プリンセス・マーケティング 「女性」の購買意欲をかき立てる7つの大原則、エムディエヌコーポレーション、2019/4/26

コメント

タイトルとURLをコピーしました